トランプ氏宅の異例の捜査、司法長官が指揮「令状申請、私が決めた」

有料記事

ワシントン=高野遼
[PR]

 トランプ前米大統領の自宅が連邦捜査局(FBI)から捜索を受けた問題で、ガーランド司法長官が11日に記者会見し、自ら捜索令状の申請を決めた、などと明らかにした。また、捜索令状や押収品リストの内容を公開するよう、裁判所に申し立てたと発表した。公開が認められれば、捜索容疑などの詳細が明らかになる可能性がある。

 トランプ氏は8日、FBIがフロリダ州の邸宅「マール・ア・ラーゴ」を捜索したと明らかにした。ただ、司法当局が公式に認めたのは初めて。ガーランド氏は会見で「捜索令状を申請する決定を承認したのは私自身だ」と明言。前大統領への異例の捜査が、司法省トップの指揮で進められたことが明らかになった。

 司法省やFBIは原則として、捜査中の事件についてはコメントをせず、捜索令状の内容は公表されないことが多い。ガーランド氏は公開を申請した理由について「前大統領が捜索を公にしたこと、周囲の状況や本件の公益性を踏まえた」と説明した。

 ガーランド氏はまた、「捜査…

この記事は有料記事です。残り513文字有料会員になると続きをお読みいただけます。