ベラルーシの空港で大規模爆発 ウクライナが装甲車やレーダー破壊か

有料記事ウクライナ情勢

ロンドン=国末憲人、キーウ=金成隆一
[PR]

 ロシア軍がウクライナ攻撃に使用しているとみられるベラルーシ南東部のジャブロフカ飛行場で11日未明、大規模な爆発があったと、ウクライナのメディアが一斉に伝えた。ロシアが支配するウクライナ南部クリミア半島の軍用空港で9日にあった同様の爆発では、ウクライナ側の攻撃の可能性が指摘されている。

 ベラルーシ国内の独立系軍事情報監視団体「ベラルーシ・ガユン」がSNSに発信した情報によると、午前0時20分ごろから少なくとも8回の爆発が発生。装甲車両やレーダーなどが破壊されたようだという。ミサイルシステムの一部が使えなくなった可能性もあり、犠牲者が出たとの未確認情報もある。

 同団体は、20~25キロ先から撮影したという爆発の映像を公表。激しい爆発の光が夜空に光っていた。

 ポーランドのベラルーシ反政権派系衛星放送「ベルサット」によると、ベラルーシ国防省は大規模な被害を否定し、「エンジンに着火した事故」と説明した。ウクライナ当局は11日現在攻撃を認めていないが、イグナト空軍報道官はベルサットに「ベラルーシの抵抗勢力はウクライナを助けてくれている」と述べ、関与をほのめかした。

 同飛行場はベラルーシ南東部ホメリ近郊。ウクライナとの国境に近く、ロシア軍がミサイルシステムや攻撃ヘリを配備し、ウクライナ北部への攻撃拠点としているといわれる。

 ロシアがウクライナ南部への…

この記事は有料記事です。残り409文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    小泉悠
    (東京大学先端科学技術研究センター講師)
    2022年8月13日9時37分 投稿
    【視点】

    衛星画像で見ると、ジャブロフカ飛行場は開戦前までは使用されておらず、予備飛行場のような扱いであったようです。それが開戦後はイスカンデル-Mミサイル・システムやS-400防空システムがロシア軍によって配備され、飛行場というよりミサイル基地化し

  • commentatorHeader
    服部倫卓
    (北海道大学教授=ロシア・東欧)
    2022年8月12日9時38分 投稿
    【視点】

    調べてみたところ、ジャブロフカ飛行場というのは、大都市のゴメリから南東25kmほどのところにある寒村に所在するようだ。 国土の小さいベラルーシでは、地方の飛行場が旅客便に使われることはほぼなく、ここも軍専用の飛行場となっている。したがって