台風8号が13日に東日本接近 太平洋側中心に警報級の大雨のおそれ

吉沢英将
[PR]

 熱帯低気圧は12日午前、台風8号になった。13日には東日本へかなり接近する見通しで、東日本太平洋側を中心に警報級の大雨となるおそれがある。気象庁土砂災害や低い土地の浸水などに十分注意するよう呼びかける。

 台風8号は午前6時現在日本の南をゆっくりと進んだ。中心気圧は1004ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

 13日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多いところで、東海150ミリ▽関東甲信80ミリ。その後の14日午前6時までの24時間では、東海200~300ミリ▽関東甲信100~150ミリの見込み。13日にかけて予想される最大瞬間風速は、関東甲信、東海25メートル。(吉沢英将)