内閣改造後、初の国家安全保障会議 中国の軍事訓練も協議か

[PR]

 政府は12日、国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合を開き、東アジア情勢を議論した。詳しい内容は明らかにしていないが、台湾周辺で軍事演習を実施するなど軍事圧力を高めている中国の動きも協議したとみられる。

 NSCの開催は内閣改造後、初めて。岸田文雄首相をはじめ、林芳正外相や浜田靖一防衛相らが出席した。また、「4大臣」以外で鈴木俊一財務相や前防衛相の岸信夫首相補佐官も同席した。