武装の男、FBI事務所侵入未遂 当局が射殺、トランプ宅捜索関連か

有料記事

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 米国でFBI(連邦捜査局)がトランプ前大統領の自宅を捜索してから、「内戦だ」などと過激な主張をする投稿がネット上で目立つ。そんな中、中西部オハイオ州で11日、武装した男がFBIの現地事務所に侵入しようとする事件が起きた。何があったのか。

 州警察高速隊が報道陣に語った経緯は、こうだ。

 11日午前9時15分、同州シンシナティ。男がFBI事務所に侵入しようとして失敗した。男は白い乗用車に乗り、州間高速道路へと逃げた。

 通報を受けた高速隊は約20分後に車を見つけた。だが、車の男は逃走を続け、銃を撃つ。その後、車から降りたが、トウモロコシ畑で警察官とにらみ合いになった。

 銃撃戦の後、男は警察官から…

この記事は有料記事です。残り907文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!