第13回「対中ODAが改革開放を支えた」 松浦晃一郎・元ユネスコ事務局長

有料記事

聞き手 編集委員・藤田直央
[PR]

 日本が中国経済改革開放途上国援助(ODA)で支え、共存共栄を目指した1980年代の日中関係は、89年の天安門事件で大きく揺れた。冷戦終結と重なる激動の中、外務省の担当局長として対中ODAの柱である円借款の凍結解除に深く関わったのが、松浦晃一郎・元ユネスコ事務局長(84)だ。国交正常化50年のいま停滞する日中関係への教訓も含めて聞いた。

連載「日中国交正常化50年 外交記録は語る」(全13回)

日中国交正常化から9月29日で50周年を迎える。この間、さまざまな政治家や官僚らの往来があり、日中関係には紆余曲折があった。1970年代末から90年代初めにかけてを外交記録から読み解く(敬称略)。

 ――70年代後半、高度経済成長を遂げた日本は海外で「援助大国」として存在感を示し始めます。松浦さんは外務省で課長だったその頃からODAを長く担当しました。79年から始まった対中ODAにはどう関わったのですか。

 75年から経済協力局の開発協力課長、77年から在米大使館の経済担当参事官として日本のODA拡大に努め、79年の大平正芳首相の訪中準備にも関わりました。先進国からなるOECD(経済協力開発機構)でODAの基準を設けていますが、中国を供与の対象にすることに欧米が慎重で、最後まで反対していた米国の説得に私があたりました。大平訪中で第1次円借款(政府の低利融資)に踏み切り、無償資金協力では北京に中日友好病院ができました。

 70年代末に(最高実力者の…

この記事は有料記事です。残り3649文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載日中国交正常化50年 外交記録は語る(全13回)

この連載の一覧を見る