「検査のためだけに病院は…」従業員の陰性証明いる? 分かれる判断

有料記事新型コロナウイルス

鷲田智憲、松本真弥、山下裕志 市野塊
[PR]

 新型コロナウイルスの「第7波」で発熱外来が混雑している。勤め先に報告するための検査で受診する人が多いことも要因だ。政府は企業に従業員らの検査証明を求めないよう要請したが、現場では出社の是非の判断などが難しいといった声もある。

 大企業では検査証明を求めないところが一般的だ。複合機などを手がけるコニカミノルタは証明の提出は求めていない。広報担当者は「提出を求めることは従業員の心身に負担になると考えた」と説明する。

 航空大手のANAホールディングスは抗原検査キットによる確認も必要なく、療養に入れるようにしている。医療機関の受診を促すが、基本的には従業員自身の判断に委ねる。

顧客と対面 外食・宿泊業界の本音は

 ある証券大手は本人申告だけで療養できる。担当者は「医療機関や社員の負担軽減のためだ」と話す。

 一方で、政府の要請は理解し…

この記事は有料記事です。残り1132文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]