空襲の火、教員6人が守った伝説のピアノ 100年の時が奏でる音色

有料記事

太田原奈都乃
[PR]

 10年ほど前、山口県宇部市にある小学校で、市教育委員会の男性が気づいた。音楽室の片隅に1台のグランドピアノがある。

 譜面台にいたずらの文字が彫られ、傷だらけ。象牙の鍵盤は黄ばみ、ひび割れていた。

 「スタインウェイ・アンド・サンズ」。英字の刻印は世界最高峰とされるメーカーのものだ。

 備品の記録にはない。その後、学校から「処分したい」と連絡があった。

 「貴重なピアノがある。どうしたらいいけえ」

 男性から相談を受けた音楽仲間の真部尚志さん(49)は響板の製造番号を調べた。

 「212387」。1922…

この記事は有料記事です。残り1043文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!