「生ホップビール」仕込み始まる 30代の2人が広げる自家栽培の輪

有料記事

白石和之
[PR]

 収穫したての生のホップを使ったビールの仕込み作業が新潟県十日町市で始まった。9月には産地だからこそ味わえるフレッシュホップビールが店頭に並ぶ。寒さに強いホップの特性に着目して自家栽培を呼びかけ、その特別な味わいを広める取り組みも進んでいる。

 仕込みを担っているのは、岩田貴之さん(34)が経営するビール製造の「醸燻(じょうくん)酒類研究所」。農家の山家(やまが)悠平さん(35)が10アールのホップ畑で収穫した「マグナム」という品種約1キロを使った。発酵や濾過(ろか)などの工程を経てでき上がったビールは、同研究所のクラフトビールとして発売される。

 ビールは通常、乾燥させて砕いたホップから造るのに対し、フレッシュホップビールは乾燥させない生のものを使うため、産地でなければ造るのが難しい。青々しい香りと優しい苦みが特徴という。

 同じ十日町市内に住み、以前…

この記事は有料記事です。残り341文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!