台風8号、日中に東海・関東甲信上陸へ 線状降水帯が発生する予測も

吉沢英将
【ライブ動画】東京・銀座の数寄屋橋スクランブル交差点の今
[PR]

 台風8号は13日午前、静岡県御前崎の南西を北上した。日中には東海や関東甲信に上陸する見通し。気象庁は、東海では日中に線状降水帯が発生する可能性があるとも予測しており、土砂災害や河川の増水、暴風などに警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、13日午前9時現在、台風8号の中心気圧は1千ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。今後、東海沖を北東に進み、日中には東海、関東甲信にかなり接近する見込みだという。

 東日本の太平洋側を中心に14日にかけ、局地的には猛烈な雨が降るおそれがある。台風の影響で13日朝までに激しい雨が降ったところがあり、1時間降水量では静岡市葵区34・5ミリ▽静岡県御前崎市33・5ミリなどを観測した。

 14日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多いところで、東海300ミリ▽関東甲信250ミリ▽東北、伊豆諸島120ミリ。線状降水帯ができれば、局地的にさらに雨量が増える可能性がある。

 台風の接近に伴い、東日本太平洋側を中心に非常に強い風が吹いて、大しけともなる見通し。13日に予想される最大瞬間風速は、東北、関東甲信、伊豆諸島、東海いずれも30メートル。14日では東北30メートル▽関東甲信、伊豆諸島25メートル。13日に予想される波の高さは、関東甲信、伊豆諸島、東海6メートル▽東北3メートル。14日では、関東甲信5メートル▽東北、伊豆諸島4メートル▽東海3メートルの見込みという。(吉沢英将)