芝野、オッズ急上昇 囲碁の名人前哨戦、巧妙「誘いの隙」で井山撃破

有料記事

大出公二
[PR]

 芝野虎丸九段が、2年ぶりに名人戦七番勝負の舞台に戻ってくる。井山裕太名人には過去3度七番勝負で相まみえ、すべて敗れている。今回はどうか。年初の不調がうそのように勝ちまくり、4日には当の井山にも棋聖戦の重要局で快勝した。オッズは急上昇している。

 4日の棋聖戦Sリーグは、24日開幕の名人戦七番勝負の前哨戦という意味合いに加えて、棋聖挑戦権のゆくえも占う大一番だった。

 リーガー6人による短期決戦は、ここまで芝野2勝0敗、井山1勝1敗。すでにひとり無敗の首位芝野が引き離すか、棋聖復位をめざす井山が追いつくか。大阪・梅田の日本棋院関西総本部であった首位攻防戦は、土俵中央でがっぷり四つに組む熱戦となった。

 ふたりの碁は井山の仕掛けに…

この記事は有料記事です。残り1038文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!