昨夏最後の打者に…スランプから奮起した一言 聖光学院・山浅の誓い

有料記事

滝口信之
[PR]

 この1年、あの打席の悔しさを忘れたことはなかった。

 「あんな思いを、もう2度としたくない」

 その一心で、厳しい練習を重ねてきた。

 昨夏の福島大会。

 福島県内で圧倒的な強さを誇ってきた聖光学院は、史上最長に並ぶ14大会連続の全国大会出場を目指していた。

 準々決勝で、山浅龍之介君は2年生でただ一人、捕手として出場した。

 試合は接戦となった。八回に…

この記事は有料記事です。残り1019文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。