将棋の豊島将之九段がコロナ感染、王位戦第4局が延期に

北野新太
[PR]

 日本将棋連盟は13日、佐賀県嬉野市の旅館「和多屋別荘」で15、16日に予定していた第63期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)第4局を延期すると発表した。藤井聡太王位(20)=竜王・叡王・王将・棋聖と合わせ五冠=への挑戦者として対局に臨む予定だった豊島将之九段(32)が新型コロナウイルスに感染したため。対局者のコロナ感染に伴うタイトル戦の延期は初めて。

 連盟によると、豊島九段は12日に大阪市関西将棋会館での対局を終え、帰宅したその日の夜に、38度以上の熱が出たという。抗原検査で陽性反応が出たため、13日に病院で改めてPCR検査を受け、陽性が確認された。

 延期は、連盟と新聞三社連合が協議し決定。藤井王位の了解を得た。16日に現地で予定していた大盤解説会場では代替イベントとして藤井王位と連盟会長の佐藤康光九段が参加するトークショーを行うという。

 延期に伴い、24、25日に徳島市で予定していた第5局を第4局に、9月5、6日に静岡県牧之原市で予定していた第6局を第5局に、9月19、20日に神奈川県秦野市で予定されていた第7局を第6局にスライドさせる。第7局は後日発表する。七番勝負は現在、藤井王位が2勝1敗とリードしている。

 昨年の王位戦第4局も「和多屋別荘」での開催を予定しながら、記録的な大雨の被害を受けて延期。会場が変更されていた。(北野新太)