国学院栃木、練りに練った継投策 驚いた智弁和歌山「データない…」

松沢憲司
[PR]

(13日、全国高校野球選手権大会2回戦 智弁和歌山3-5国学院栃木)

 試合が始まる前から、前年王者は面食らっていた。智弁和歌山の3番・渡部海は「(先発は)盛永投手で来ると思っていた」。

 国学院栃木の先発は中沢康達(こうたつ)。100キロを切る緩いカーブで相手を幻惑する変則左腕だ。

 6日の開幕試合では本格派右腕の盛永智也が完投していた。それから中6日。「智弁和歌山さんは盛永用の練習をしてくると予想を立てた。その中で(くせ球の)中沢が適任だった」と柄目(つかのめ)直人監督。狙い通り、重圧のかかる立ち上がりを無失点で切り抜ける。

 二回に2点を失い追いつかれると、三回の頭からすかさず右腕の平井悠馬を投入した。無失点に抑え、嫌な流れを断った。

 小刻みな継投は、終わらない。

 四回からマウンドに上がったのは右腕の中川真乃介。栃木大会では1イニングに登板しただけだった。140キロ超の直球を主体に臆せず投げ込んだ。2イニングを無失点で投げきった。

 2年生エースの盛永がマウンドに上がったのは六回からだ。この夏初めての救援登板だった。140キロ前後の直球を低めに集め、打たせる投球に徹した。「栃木大会から先輩に助けられてばかりだったので『絶対助けてやるぞ』という気持ちだった」。八回、九回と得点圏に走者を背負っても、決定的な一打は許さなかった。

 国学院栃木の投手陣を最後までとらえ切れなかった智弁和歌山打線。渡部が「データのないピッチャーもいた」と戸惑いを口にすると、4番で主将の岡西佑弥も言った。「(打者が)一巡すると目先を変えられた。全体的にコントロールもよかった。すごくやりにくかった」

 練りに練られた国学院栃木の戦略は、投手起用にとどまらなかった。

 智弁和歌山の過去の試合データを調べ、打者の打球方向の傾向を分析。遊撃手が二塁ベースの後ろに立つなど大胆な守備シフトを敷き、相手のチャンスの芽を摘んだ。

 連覇を狙った王者を破っても、主将の平井に浮かれるそぶりはない。「智弁和歌山さんに勝つことが目標ではない」。初出場した37年前は初戦で敗れたが、今年のチームが目指しているのは4強以上。自信を深める1勝だ。(松沢憲司)