ぐんまちゃんナンバー、来年10月にも誕生へ 「群馬の魅力を発信」

杉浦達朗
[PR]

 群馬県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」をあしらった車の「図柄入りナンバープレート」が導入される見通しになった。県が7月、導入の意向を国土交通省に伝えた。デザインは県民アンケートなどを通じて検討し、決める。国交省の審査を経て、来年10月の交付を目指す考えだ。

 図柄入りのナンバープレートは、地域やイベントの魅力発信などのために2017年に始まった。全国各地の名物や名所をあしらった地域限定のほか、ラグビーワールドカップ東京五輪パラリンピックにちなんだ全国で申請可能なものもあった。

 現行の県内ナンバーは「前橋」「高崎」「群馬」の3通り。このうち前橋市と吉岡町の住民が使う「前橋」ナンバーだけは、すでに赤城山があしらわれた図柄入りのナンバーが交付されている。県は、三つのナンバーで共通して使える図柄入りのナンバーをつくろうと、検討を進めていた。

 県地域創生課によると、図柄はぐんまちゃんを使うことが決まっており、これから複数の案をつくる。今年10月ごろに県民向けのアンケートを実施し、決定した図柄で11月に国交省へ申請する予定だという。

 担当者は「群馬全体で県の魅力を発信するチャンス。アンケートが始まったら、多くの意見をいただきたい」と話している。(杉浦達朗)