「クラブで踊ろう」親子で体験イベント ロームシアター京都

小松万希子
[PR]

 鮮やかな照明に、ミラーボール、大音量の音楽――。DJの選曲に合わせてダンスを楽しむのは、大人ではなく、夏休み中の子どもたちだ。

 京都のクラブ文化に親しんでもらおうと、京都市左京区のロームシアター京都で13日、親子で参加できる体験イベント「キッズメトロ」が開かれた。劇などを鑑賞するだけでなく、劇場で気軽に遊んでもらう催し「プレイ! シアター」の一環。1990年開業の京都の老舗クラブ「Club METRO」(左京区)が協力し、地下のシアターに店を再現した。

 午前中から、親子連れら約200人がキッズメトロを訪れた。はじめは様子をうかがっていた子どもたちも、1970~80年代にヒット曲を連発したバンド「ゴダイゴ」の「モンキー・マジック」など懐かしの名曲につられて大人たちが踊り出すと、跳びはねたり手をたたいたりしながら、一緒にダンスを楽しんだ。

 午後は、同店に出演を続けるドラァグクイーンらが、ピアノの演奏や歌を交えて絵本の読み聞かせをするショーも開いた。子どもたちは「きれいだね」と声をあげ、大きな拍手を送っていた。同シアター広報の松本花音(かのん)さんは「劇場だけでなく、クラブも音楽や舞台芸術を楽しむ場。街中のアートや文化に興味を持つきっかけになれば」と話す。

 「キッズメトロ」は14日まで。18日までは、シールラリーやワークショップなど、さまざまなイベントが同シアターで楽しめる。(小松万希子)