横浜・玉城主将、選手宣誓に込めた境遇 ノート数十冊、導いた結束力

有料記事

土居恭子
[PR]

 3年ぶりに一般客が戻った夏の甲子園。6日にあった開会式の選手宣誓で、横浜の玉城陽希主将(3年)はゆっくり、かみしめるように語った。

 「けがで思うように野球ができず、グラウンドにさえ立てない時期もありました。また、チームをどうまとめていくか悩むこともありました」

 グラウンドの中央で、主将となってからの日々をそう振り返った。

 玉城君は1年の秋からレギュラー入りし、右翼手や一塁手として試合に出場。昨夏の選手権大会が終わり新チームになると、主将に任命された。

 「玉城の言動に選手がついていき、影響力がある選手だと思っていた。主将は玉城しかいない」と村田浩明監督は語る。

 だが、主将になったころ、け…

この記事は有料記事です。残り969文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!