上野駅の孤児100人超 救ったのは主婦 娘に聞く「母の生き方」

有料記事

長富由希子
[PR]

 終戦後、駅で暮らす戦争孤児を私財をなげうって保護し、育てた主婦がいた。東京・中野の「愛児の家」で園長を務めた故・石綿貞代(さたよ)さんだ。

 なぜ、そこまでしたのか。三女の裕(ひろ)さん(90)に聞いた。

 終戦後の1945(昭和20)年秋、貞代さんの友人が、6~7歳ぐらいの男の子を保護してきた。戦争で孤児になっていた。

 貞代さんは、男の子を自宅に住まわせた。自身や裕さんら娘たちと同じ部屋に寝かせた。

 翌年になると、貞代さんは上野に行っては、そこにいる孤児たちを保護するようになる。

 一緒に上野に行った裕さんは、子どもたちに声をかける貞代さんの姿を鮮明に覚えている。

 不忍(しのばず)池のそばの路上に、わらのむしろをかぶって、誰かが寝ていた。

路上で眠る幼い男の子

 むしろを少しめくると、小学…

この記事は有料記事です。残り887文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!