旧統一教会との関係「これから先は付き合わない」 岸田改造内閣閣僚

有料記事岸田政権

[PR]

 第2次岸田改造内閣で入閣した加藤勝信厚生労働相や山際大志郎経済再生担当相ら5人が14日、NHKの「日曜討論」に出演し、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」と関係は持たない考えなどを示した。

 10日に発足した改造内閣では、入閣した議員のうち6人に旧統一教会側との接点が確認されている。12日に決まった副大臣や政務官でも、次々と接点が明らかになっている。

 加藤氏は番組で教団の友好団体の懇親会費を支払ったと説明し、「旧統一教会に絡んで、様々な裁判が行われてきている。国民からも大変高い関心を持たれている。常にそこは考えながら対応していかないといけない」と述べた。岸田文雄首相から教団との関係の点検・見直しについて指示があったことに触れ、「関係をきっぱり整理させていただく」と話した。

 資金管理団体が教団の友好団…

この記事は有料記事です。残り447文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年8月14日21時56分 投稿
    【視点】

    旧統一教会との接点が取りざたされた閣僚をリセットするために、早期の内閣改造に踏み切ったとの見方もありました。しかし、この改造によって、むしろ関係が注目される閣僚・副大臣・政務官がどっと増えました。岸田政権からしてみれば、パンドラの箱が開いた

  • commentatorHeader
    せやろがいおじさん
    (お笑い芸人・YouTuber)
    2022年8月14日18時23分 投稿
    【視点】

    「これまで」の総括をせずに「これから」について語るこの自民党仕草は永田町でしか通用しない、ある意味では議員特権だなぁとすら感じます。 会社でミスをしてしまって、クライアントに叱責された時「次は頑張ります!」と謝罪していたらどうでしょう

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]