狙い通りの適時打、俊足いかした好捕…横浜・大坂の努力実った甲子園

土居恭子
[PR]

 14日、第104回全国高校野球選手権大会2回戦 横浜2―3聖光学院

 昨年はアルプススタンドから見た舞台に自分がいた。聖光学院の背中を1点差で追う四回表2死二塁の好機。横浜の大坂啓斗選手(3年)に打席が回ってきた。「とにかく1点勝負。1点を取りに行く」

 チーム全体で狙っていた内角の球を待った。一つ見送った後に狙い通りの球が来た。遅れずに振り切った打球は左翼手の前に落ち、同点の適時打になった。

 中学では上位打線を任され、活躍した。横浜入学後も、それまで通り「本塁打を意識」して大きい当たりを狙った。しかし打てない。悩んだ。そして1年の秋に気づいた。「投手のレベルが高く、大振りの打撃は合っていない」

 武器は50メートル6秒という俊足。それを生かそうとコンパクトな打撃を練習した。まずはバントから。できるようになったら二塁手、遊撃手の頭を越える打球を――。練習のなかで投球を見極める力も養われた。

 1、2年から公式戦に出場するも、昨年の甲子園大会はアルプスで応援した。今年はついに神奈川大会でベンチ入りし、5番に座った。長打もバントもある好打者ぶりを見せつけた。

 自慢の俊足はこの日の守備でも生きた。二回裏2死一、二塁のピンチで飛んできた邪飛をフェンスにぶつかりながら捕球。チームを救う好プレーだった。

 試合には惜しくも敗れたが、「グラウンドに立った瞬間、景色も最高で。今までにない光景、感覚を味わった。ここまでやってきて良かった」。甲子園は、今までの努力が実った場所だった。(土居恭子)