本塁「陥れる」のはなぜ…野球普及の陰に旧武士の存在?磯田道史さん

有料記事

構成・内田快
[PR]

第104回全国高校野球選手権大会 磯田道史さんの観戦記

 地元の県立高に通っていたころ、古文書解読に力を注いでいました。意識したのは球児です。PL学園の清原和博さんたちは3学年上。彼らはプロ選手を超える気構えと実力に見えました。だから私も、並の大学の歴史教授よりも古文書が解読できる高校生になっておくことにしました。

 人生の教訓も高校野球から得ました。

 歴史研究に限らず常に「なぜ」を考えています。子どものころ、徳島の池田高が強いのはなぜかと考え込みました。「やまびこ打線」や「水野雄仁(かつひと)投手」は有名でした。でも、それは結果です。蔦(つた)文也監督がどういう教育思想で勝てているのか。興味津々でした。そんなとき蔦監督が「鍛錬千日の行、勝負一瞬の行」と言うのを聞きました。これだと手を打ち、人生訓にしています。

 結婚出来たのも、蔦監督の言…

この記事は有料記事です。残り717文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。