飲酒して路上で寝込み捜査資料紛失 兵庫県警、400人分個人情報

[PR]

 兵庫県警は14日、生活経済課課長補佐の男性警部(49)が捜査資料を紛失したと発表した。酒を飲んで路上で寝込み、カバンごとなくした。資料には事件関係者約400人の氏名などが記載されていたという。

 同課によると、課長補佐は12日、週明けに県警本部に持っていくために警察署から資料を持ち出した。そのまま部下2人と兵庫県西宮市西宮北口駅付近の居酒屋でビールなどを計7杯程度飲んだ。午後11時過ぎ、徒歩で帰宅途中に路上で寝込み、翌朝午前5時に目覚めた時、資料などが入った手提げカバンがないことに気づいたという。

 捜査資料には事件関係者の氏名や住所、逮捕した容疑者の名前などが含まれている。持ち出しの許可はとっておらず、内規に違反するという。同課の甲斐秀俊次席は「発見に努めると共に再発防止のための指導を徹底して参ります」とコメントした。