「殺される」住宅街に響いた悲鳴、高校生と母親が刺される 北九州

有料記事

遠山武、山本大輔
[PR]

 お盆休みの北九州市の住宅街で13日夜、助けを求める女性の悲鳴が響いた。母親(37)と娘の高校1年生(15)の2人が刺される殺人未遂事件が起きた同市小倉北区高尾1丁目の住民たちは、事件発生直後の緊迫した様子を語った。

 近くに住む男性は14日朝、自宅玄関前で、血の跡を水で洗い流していた。前日の夜、インターホンが鳴りドアをあけると、腹部や手のひらから血を流した若い女性がいた。のどの渇きを訴えたため、水などを飲ませ、男性の家族が消防と警察に通報した。

 別の家の男性は「助けて、殺される」という女性の悲鳴で外に出た。若い女性が血だらけで倒れており、近くの住民が介抱していた。

 現場は、近くに中学校のある…

この記事は有料記事です。残り127文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!