野球選手からイチゴ農家に転身 見つけた共通点「農業は相性がいい」

有料記事

杉浦達朗
[PR]

 約20年白球を追い続けたグラウンドを離れ、ビニールハウスでイチゴと向き合う。2月にオープンした群馬県高崎市のイチゴ農園「ダンクバンズファーム」は、好評のうちにイチゴ狩りシーズンを終えた。現在は来シーズンに向けて試行錯誤の日々だ。「セオリーはあっても、必勝法がないのはバッティングと同じ。研究と実践あるのみです」

 同市出身。小学校に入る前に野球を始め、中学で日本代表に。投手や内野手として東農大二高、立教大を経て独立リーグ・ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスに入団。NPB(日本野球機構)をめざしたがけがに悩まされ、2019年に引退した。

 「正直、野球ばかりやってきた自分に何ができるのかと不安だった」。公務員などを視野に就職活動をしていたが、妻の父から受けた言葉が転機となった。「農業やってみないか」

 内装業を営む義父は以前から…

この記事は有料記事です。残り549文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!