津波で亡くなった友、堤防での壁当て…仙台育英・洞口が伝えたい記憶

有料記事

武井風花
[PR]

 初めての大舞台。大観衆に囲まれても、不思議と緊張はしなかった。

 「野球ができる」

 仙台育英の洞口優人君(3年)はただ、そのことがうれしかった。

 出身は岩手県釜石市の鵜住居町。11年前の3月11日のことを、いまでもはっきり覚えている。

 当時は6歳で、保育園のお昼寝の時間だった。大きな揺れで起き、園庭に一度、避難した。

 迎えに来た母に手を引かれ、途中から姉と合流して、高台の道路に逃げた。

 そこから、黒い津波が街をのみ込んでいく様子を見つめた。

 逃げ遅れた人が、津波に囲まれた家の屋根の上で手を振り、助けを求めていた。

 鵜住居地区では震災で住民の1割が犠牲になり、保育園で仲がよかった同じ年齢の男の子も亡くなった。地区の防災センターに家族と一緒に避難したものの、2階の天井付近まで津波が到達し、流されたという。

 「ショックで、涙も出なかった」

 洞口君の家族は無事だったが、築5年ほどの自宅が津波に流された。

 避難所となった内陸の小学校の体育館で3~4カ月ほど過ごし、その後も2年ほど、市内の仮設住宅で暮らした。

 小学2年生のときに野球を始めたが、練習環境は厳しかった。

 練習場所となっていた小学校…

この記事は有料記事です。残り1007文字有料会員になると続きをお読みいただけます。