一押しの先輩に近づく先制打 二松学舎大付・中川、甲子園2勝に貢献

狩野浩平
[PR]

 14日、第104回全国高校野球選手権大会2回戦 二松学舎大付7―5社

 あこがれの先輩が作った好機に、中川龍斗(2年)は気持ちをたかぶらせた。「ここで自分が先制点を決めてやろう」

 両チーム無得点のまま迎えた三回。二松学舎大付の1番・親富祖凪人(3年)は変化球にしぶとく食らいつき打球を左前に転がす。無死一、三塁と好機を広げ、2番の中川に託した。

 今の二塁手は中川だが、以前は親富祖が守っていたポジションだ。走攻守そろった親富祖について、中川は「かっこいいし頼れる先輩です」。一押しのチームメートを聞かれると、まず親富祖の名を挙げる。

 この日の三回も、親富祖の打撃をよく観察していた。「親富祖さんは変化球を打った。次は直球が来るぞ」。狙い球を絞り、外角低めの直球を振り抜く。快音とともに上がった打球は大きく伸び、走者一掃の三塁打に。試合の流れを一気に引き寄せた。

 守備では強い打球が何度も二塁に飛んだが、難しいゴロもさばいた。走塁では一回、中前打に対処する相手中堅手の動きが鈍いと見るや、二塁を蹴り、一塁から三塁まで一気に到達。走攻守にわたる活躍だった。

 市原勝人監督は「中川は物おじせず、大舞台ほど活躍するタイプだと思っていた。思っていたとおりです」と笑みを浮かべた。

 だが六回には、二盗を決めた直後に牽制(けんせい)球で刺される一幕もあった。試合後、親富祖に近づけた思いはあるかと聞かれ、「全くない。まだまだ遠い存在です」と苦笑した。

 それでも確かな手応えを感じた試合だった。「チーム初の夏の甲子園2勝に貢献できた。素直にうれしい」

 次は16日の第4試合。相手は優勝候補筆頭の大阪桐蔭だ。「ずっと大阪桐蔭に勝つことを目標に練習してきた」。次も親富祖に迫る活躍で、大金星、そしてチーム初の夏の甲子園8強入りに貢献するつもりだ。(狩野浩平)