エジプトのコプト教会で火災、41人死亡 礼拝中、漏電原因か

チュニス=武石英史郎
[PR]

 エジプトのカイロ首都圏にあるギザで14日、キリスト教の一派、コプト正教会の教会で火災があり、保健省によると、信者ら少なくとも41人が死亡、14人が負傷した。エジプト内務省は、エアコンの漏電が出火原因とみられると発表した。

 政府系紙アハラム(電子版)などによると、教会は住宅密集地にある4階建てで、出火当時、日曜礼拝のため建物内に1千人近くが集まっていた。3階付近から出火し、上下の階に燃え広がった。煙を吸ったり、逃げようとして出口に殺到したりして、多くの犠牲者が出たという。

 コプト教徒はエジプトの1億人あまりの人口のうち約1割を占めている。(チュニス=武石英史郎)