4~6月期GDP、年率で2.2%増 初めてコロナ前の水準上回る

有料記事

北川慧一
写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 2022年4~6月期の国内総生産(GDP)は、物価変動を除いた実質で前期(22年1~3月期)比0・5%増、年率換算で2・2%増となった。年換算でのGDPの規模は542兆円と、新型コロナ前(19年10~12月期)の540兆円を上回った。ただ、海外と比べると日本のコロナ禍からの回復のペースは遅い。

 内閣府が15日、1次速報を発表した。22年1~3月期の実質成長率も今回、年率でマイナス0・5%からプラス0・1%に上方修正されたため、4~6月期は3四半期連続のプラス成長となった。ただ、事前の民間予測の平均値(年2・74%)には届かなかった。

 GDPを項目別にみると、半分以上を占める個人消費が前期比で1・1%増えた。3月で「まん延防止等重点措置」が全面解除され、5月の大型連休は3年ぶりに行動制限がない状態で迎える形となり、宿泊や外食といったサービス消費が伸び、衣料品などの売り上げも好調だった。設備投資は、企業のデジタル化に伴うソフトウェア投資が増えるなど1・4%増。輸出も鉄鋼や船舶などが伸びて0・9%増だった。

 年換算した実質GDPの規模…

この記事は有料記事です。残り494文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!