北九州市母娘刺傷事件、刺した男は「ネットを通じた知人」と娘が説明

[PR]

 北九州小倉北区の住宅で13日夜、帰宅した住人の母親(37)と高校生の娘(15)が屋内にいた男に刺されてともに重傷を負った事件で、娘がこの男について、知人だと説明していることが、捜査関係者への取材でわかった。男は現場から逃走し、福岡県警は殺人未遂事件として調べている。

 一方、事件の発生後間もなく、現場付近で少年がJRの列車にはねられて死亡する事故があった。小倉北署は15日、死亡したのは、東京都葛飾区の職業不詳の少年(17)だったと発表した。

 県警によると、娘は自分たちを刺した男について、「インターネットを通じてつながっている県外に住む知人だった」などと説明しているという。

 捜査関係者によると、少年は7日から自宅に戻っておらず、家族から行方不明者届が出ていたという。

 県警は、少年が都内から北九州市に来た経緯とともに、現場の住宅付近の防犯カメラの映像などを解析して、少年と殺人未遂事件との関わりを調べている。