旅客船で火災、1時間後に沈没 16人全員救助 広島市沖の瀬戸内海

[PR]

 15日午前7時半ごろ、広島市南区の似島の西約2・3キロの瀬戸内海を航行中の小型旅客船の男性船長(71)から「火災を起こしている」と118番通報があった。広島海上保安部によると、船には子ども3人を含む14人の客と乗員2人の計16人が乗っていたが、全員救助され、けが人はいなかった。

 火災が起きたのは、旅客船「黒潮Ⅶ」(全長14・2メートル、19トン)。同保安部の巡視艇などが消火活動にあたったが、約1時間後に沈没した。乗客は、近くを航行中のプレジャーボートに避難。その後、海保の巡視艇に救助されたという。同保安部が、出火原因を調べている。