新内閣の閣僚に新たな接点 葉梨法相、旧統一教会関連の月刊誌に記事

[PR]

 葉梨康弘法相は15日の閣議後会見で、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の友好団体が発行する2008年の月刊誌に、自身のインタビュー記事が掲載されていたと明らかにした。教団との関係性は認識せずに取材に応じたとし、「私自身は旧統一教会系の団体と関係はない」と述べた。

 記事は社会保険庁の「ヤミ専従」問題に関する内容で、10日に法相に就任した後に掲載の事実確認ができたという。新内閣の閣僚ではこれまでに6人が教団側との接点を認めており、葉梨氏を加えて7人になった。

 葉梨氏は警察庁のキャリア官僚から転身し、03年に初当選。法務副大臣や農水副大臣などを歴任した。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]