閣僚らの靖国神社参拝、中韓は強く反発 「国際秩序への挑発」

北京=冨名腰隆、ソウル=鈴木拓也
[PR]

 日本の閣僚らの靖国神社参拝に対し、中国と韓国は強く反発した。

 中国外務省の汪文斌副報道局長は、15日の定例会見で「靖国神社は日本の軍国主義による侵略戦争の象徴だ。日本の政府要人らによるマイナスの動きは、歴史問題に対する日本の誤った姿勢を反映している」としたうえで、日本側に厳正な申し入れを行ったと明らかにした。

 中国は最近、台湾への関与を強める日本側の動きに対し、「侵略の歴史」を持ち出して批判を強めている。汪氏は「日本の一部の政治家は歴史を美化し、台湾の中国への返還を定めたカイロ宣言などにも背いているが、戦後の国際秩序に対する重大な挑発だ」と批判。日本側に「軍国主義を断ち、アジアの隣国と国際社会から信頼を失わないよう」求めた。

 在日中国大使館報道官も同日、談話を発表。「靖国神社は軍国主義による侵略戦争の象徴であり、罪を負うべきA級戦犯をまつり、第2次世界大戦の誤った歴史観を宣伝している」としたうえで、「日本が靖国神社問題でマイナスの動きを見せるのは、アジアの被害国の尊厳と感情にかかわる。日本が過去の侵略の歴史を正しく認識し、深く反省してこそ、アジアの隣国と国際社会から真に信頼される」と強調した。

 韓国外交省も同日、「深い失望と遺憾の意を表する」とのコメントを発表。靖国神社について「日本の過去の侵略戦争を美化し、戦争犯罪者を合祀(ごうし)した」と指摘し、日本の政治指導者らに対して「歴史を直視し、歴史に対する謙虚な省察と真の反省を行動で示すことを促す」と訴えた。(北京=冨名腰隆、ソウル=鈴木拓也)