明豊・鈴木捕手、攻守で仲間をリード 「後悔なく終われました」

奥正光
[PR]

 日本一の頂は、まだ先だった。明豊は15日、8強をかけて愛知代表の愛工大名電と対戦し、2―5で敗れた。二盗阻止に外野からの好返球と持ち味を発揮したが、相手の左腕エースに打線が6安打にとどまった。掲げ続ける「日本一」の目標は、後輩に託された。

     ◇

 敗れた後、明豊の鈴木蓮捕手(3年)が取材に語った第一声は、「すべてを出し切って負けたので、後悔なく終われました」。すっきりした顔つきだった。

 この日も先発の江藤隼希投手ら3人を「強気で押していくぞ」とリードした。ピンチにはすぐマウンドへ駆け寄り、投手の腰をポンとたたいて励ました。

 相手は愛知大会のチーム打率が4割を超える愛工大名電の強力打線。球種、高低、強弱と神経を使うリードが続く。初回に犠飛で失点した後、安打で出した走者の二盗を阻止。四回に追加点を奪われた直後も、二盗を阻んで投手を救った。「足を使ってくると思っていたから阻止できました」

 攻撃では六回2死から、相手エース左腕の速球を中前へ運んで食い下がった。追いかける展開となったベンチ内で、「あきらめずに全員野球で向かっていこう」と、中心となって声をかけた。

 2回戦の一関学院戦では、初戦で無安打に終わった打撃を監督のアドバイスを受けて修正し、右中間へ本塁打を放った。守備では無死一、二塁で相手のバントがファウルゾーンへの飛球となり、ミットを伸ばして飛び込んでキャッチ。泥だらけにしたユニホームの胸を自らたたき、投手を鼓舞した。

 15日の3回戦で四回から登板して、粘りの投球をみせた森山塁投手(2年)は、鈴木捕手と寮で同部屋だった。「この夏、かなわなかった日本一という目標を、自分たちも掲げてやっていきます」と、チームを引っ張ってきた3年生への感謝を込めて語った。(奥正光)