統計不正のGDP影響は最大0.1ポイント 18~21年度の試算

有料記事

北川慧一
[PR]

 国土交通省が「建設工事受注動態統計」の受注を二重計上した統計不正について、内閣府は15日、国内総生産(GDP)に与えた影響の試算結果を公表した。2018~21年度の名目GDPの伸び率が本来より0・0~0・1ポイント低く計算されており、是正は上方修正の要因になったという。

 内閣府によると、GDPの計算には同統計をもとにした「建設総合統計」の出来高の伸び率を使っている。出来高は前年などの受注額を分母、当年の受注額を分子に使い、前年などの建設投資額を掛けるなどして計算する。18~21年度は二重計上が分母の方により影響していたことなどから、是正すると伸び率が上方修正された。

 また、二重計上の影響を含む…

この記事は有料記事です。残り298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!