「鎌倉山ラスク」販売店が破産手続き開始 「かまくら推奨品」に選定

芳垣文子
[PR]

 帝国データバンク横浜支店は15日、「鎌倉山ラスク」で知られる洋菓子販売店「PDIA2」(神奈川県鎌倉市)が横浜地裁で3日破産手続き開始決定を受けたと発表した。同社は1996年創業の洋菓子販売業者。「鎌倉山ラスク」を中心に定番商品や季節ごとの限定商品を取り扱い、2019年6月期の年売上高は約1億6600万円を計上した。

 「鎌倉山ラスク」は鎌倉商工会議所が選定する「かまくら推奨品」にも選ばれている。しかし新型コロナの影響で観光客激減や店舗休業、短縮営業などが響き営業環境が悪化、厳しい経営状態に陥っていたという。一部店舗の営業は継続しているとみられる。負債は調査中。(芳垣文子)