【そもそも解説】米国の中間選挙、どうして注目されているの?

有料記事そもそも解説

ワシントン=高野遼
[PR]

 Q 米国で中間選挙があるの?

 A 今年の11月8日に投開票が予定されている。4年ごとにある大統領選のちょうど真ん中に実施(じっし)するから中間選挙と呼ぶんだ。上院(定数100、任期6年)の3分の1と、下院(定数435、任期2年)の全てが改選されるよ。

 いまは11月の本戦に立候補する人を選ぶため、各党が「予備選」で、選挙区ごとに1人の候補者に絞(しぼ)り込(こ)んでいる段階なんだ。

 Q 中間選挙はどうして注目されているの?

 A 任期の半分を迎(むか)えるバイデン政権の「信任投票」の意味合いもあるからだ。2024年の大統領選に向けて、どちらの党に勢いがあるのかを知るチャンスにもなるよ。

優勢なのは与党? 野党?

 Q どの政党が勝ちそうなの?

 A いまのところ、野党の共…

この記事は有料記事です。残り423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
そもそも解説

そもそも解説

なぜ?どうして? いま気になるニュースの「そもそも」を、Q&A形式で解説します。[記事一覧へ]