小学5年生集め「かいしんの いちげき!」 10年後に目指すのは?

有料記事

山下剛
[PR]

 山梨県内の小学5年生から20人を選抜し、オリンピックなど世界大会で活躍するトップアスリートを発掘・育成しようという県の事業が始まった。

 この事業は題して「甲斐人(かいしん)の一撃」。カヌーやホッケーなど、競技団体の関係者も熱い視線を送っている。

1年半かけて育成

 8月6日に小瀬スポーツ公園武道館アリーナ(甲府市)であった第1期生の体力測定会には、約60人の児童が参加。身長や体重を測り、30メートル走や反復横跳び、立ち幅跳び、重さ1キロのメディシンボール投げに挑んだ。

 山梨市立日下部小5年の雨宮一翔(かずと)さん(10)は陸上チームに所属していて、「陸上でオリンピックに出たい」。

 なぜ小学5年生なのか。

 測定会に協力した山梨学院大の中垣浩平准教授(体力学)は「この年代で運動能力が向上するという研究結果がある」と解説する。

 選抜された20人は10月以降、カヌー、ホッケー、レスリング、ウェートリフティングなどを体験し、指導を受ける「スキルアップ教室」に参加する。教室には五輪出場経験がある選手も加わって、世界をめざすためのスキル獲得をめざすという。

 教室は小学校卒業まで続く。このほかに年1回の合宿や保護者向けの栄養プログラム、メンタルプログラムも開催する計画だ。

スキル獲得以外の隠れた狙いとは

 こうしたトップアスリートの発掘・育成事業は全国各地で進められている。実は、事業には隠れた狙いがある。

 今回、測定会に参加した児童…

この記事は有料記事です。残り471文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!