自民と旧統一教会を結ぶ「リアルな利害関係」 政治学者・原彬久さん

有料記事

聞き手 編集委員・藤田直央
[PR]

 安倍晋三元首相が銃撃され亡くなった事件を機に、「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)と自民党の関係、その起点とされる岸信介元首相との関係が注目されている。岸に1980年代初めにインタビューを重ねた原彬久・東京国際大学名誉教授(政治学・日本政治外交史)に聞いた。

はら・よしひさ 1939年生まれ。東京国際大名誉教授。政治学におけるオーラルヒストリーの先駆者。著書に「戦後政治の証言者たち」「岸信介」など。

改憲に向け権力を拡大した「昭和の妖怪」

 ――そもそも、岸という政治家は戦後に何をめざしたのですか。

 「憲法改正による日本独立の完成」です。日本の傀儡(かいらい)だった満州国の経営に官僚として携わり、帰国後、東条内閣の閣僚として日本の戦時経済政策を指導しました。終戦後のGHQ(連合国軍総司令部)占領下でA級戦犯容疑者として拘束され、その間に新憲法が制定されます。政界に復帰して保守合同を主導し、自民党で初代幹事長に就任。87年に世を去る晩年まで改憲を唱え続けました。

 戦後の岸の行動は、最終目的である改憲に向け権力を拡大していくことで一貫していました。57~60年に首相を務めた後も、磁石のように様々な人や団体を引き寄せ続けました。そこにつながる政治的、経済的利益を清濁併せ呑(の)んでいく。「昭和の妖怪」と呼ばれるゆえんでしょう。

 ――そんな岸と、50年代末に日本で布教を始めた統一教会は、どのようにつながったのでしょう。

 統一教会の友好団体として反…

この記事は有料記事です。残り1110文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    三牧聖子
    (同志社大学大学院准教授=米国政治外交)
    2022年8月18日13時1分 投稿
    【視点】

    米国でも統一教会は共和党の政治家との間に、原氏が言う「リアルな利害関係」を築き上げてきた。特に密接な関係を築いたのが第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュ(1989-1993)だ。統一教会はブッシュが挑んだ2回の大統領選で様々な選挙支援を

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年8月17日8時24分 投稿
    【視点】

    実は、安倍晋三元首相銃撃事件を受けて旧統一教会の存在が浮上し、歴史上の手がかりをつかもうと最初に手にとったのが、原彬久さんが編まれた「岸信介証言録」でした。 直接の答えは書いてありません。ただ、「反共」の流れで、岸と同じく巣鴨プリズン

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]