鹿児島・馬毛島の港周辺で浚渫工事 環境影響評価対象外に反発も

有料記事

具志堅直
【動画】馬毛島にある葉山港で始まった浚渫工事=堀英治撮影
[PR]

 米軍機訓練移転と自衛隊基地整備が計画される馬毛島鹿児島県西之表市)をめぐり、防衛省は16日、島の東側にある葉山港周辺の水深を深くする浚渫(しゅんせつ)工事を始めた。反対派の地元市民団体などが「海岸の自然環境に大きな影響を及ぼすのは明らかなのに、環境影響評価の対象になっていない」などと反発していた。

 防衛省によると、港に基地関連工事の物資を運び込むなどとし、約300メートル沖まで、幅34メートルの航路の水深が3メートルになるよう掘り下げる。16日は早朝から大型作業船や、工事業者らを乗せた漁船数隻が現場へ向かい、作業をした。工期は9カ月程度としている。

 浚渫工事は、漁船が大型化し…

この記事は有料記事です。残り189文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。