神宮外苑再開発、伐採樹木971→556本 事業者が計画案を修正

釆沢嘉高
[PR]

 神宮球場秩父宮ラグビー場の建て替えなどを含む東京・明治神宮外苑地区の再開発計画について、事業者側が提出した環境影響評価書(アセスメント)の案が16日、了承された。対象区域で当初、伐採予定だった樹木が971本から556本に減るなどの説明が事業者側からあった。

 再開発は球場とラグビー場をそれぞれ解体し段階的に場所を入れ替えて建て直すほか、二つの高層ビルも建てる内容。敷地にある約1400本の樹木のうち971本を伐採して若木に植え替える計画が含まれていた。これについて、環境アセスの手続きで都環境影響評価審議会の委員が伐採本数の根拠の説明などを求め、審議日程が延長される異例の展開となっていた。

記事後半では、環境影響評価審議会で出た事業者側への「注文」の内容も紹介しています。

 三井不動産など事業者側の説明によると、伐採されなくなった415本のうち311本は、もともと開発とは関係なく自然に立ち枯れる「枯損木」として伐採本数に計上されていた。過去の実績などから計上していたが、精査の結果、そのまま残したり、植え替えたりできると判断したという。

 残りのうち85本は、根の部分の適切な保全も難しいとして、これまで伐採予定としていたもの。詳しい現地調査の結果、樹木医が移植可能と判断したという。また、伐採予定だったラグビー場東側のイチョウ19本も、「今後の詳細な調査で移植の可否を検討」という方針に転じた。

 環境アセスの手続きがこのまま終了すれば、着工に向かうことになる。三井不動産は工事着手は2023年以降としている。

 事業者側は16日、多くの映画やドラマの撮影現場にもなった聖徳記念絵画館に続くイチョウ並木の保全についても、方針を明らかにした。隣接することになる新野球場の着工前に並木の詳しい調査をし、イチョウの健全な生育への悪影響が判明すれば計画の工夫などをすると説明した。この並木は伐採計画に含まれていないが、審議会が説明を求めていた。(釆沢嘉高)

環境アセス案を了承した委員たちの注文は?

 明治神宮外苑地区の再開発をめぐる環境影響評価(アセスメント)の案が都の審議会で16日に了承され、着工に向けて動く見通しとなった。対象地域で多数の樹木を伐採する計画について追加説明を事業者側に求めていた審議会の委員からは、同日の会合でも、今後の積極的な情報公開を求める声が相次いだ。

 会合では、事業者側が、伐採樹木を971本から556本に減らすことや、伐採対象外だが新野球場建設の悪影響が不安視されるイチョウ並木の保全案を提示。審議会が了承した。

 会合では出席者から、「確実にイチョウが保全できるのか不確定要素がある」「揺らぎのあるプランで、多くの人は不安に思っている」などの声が続出。審議会は、「事業実施にあたっては積極的な情報公開や都民参加に努めること」と文書で事業者側に注文をつけた。

 計画を説明した事業者側の代表企業、三井不動産の担当者は、予定するイチョウの詳細調査について「積極的に情報発信をしていきたい」と表明。都に対しても「今回の審議会で終わりと考えておらず、適宜報告をしたい」と述べた。(釆沢嘉高)