広島のヘリ墜落、機体つり上げて原因調査へ 「かなり時間を要する」

有料記事

菅野みゆき、松尾葉奈、黒田陸離、新屋絵理
【動画】広島県神石高原町付近でヘリ墜落=佐々木崇暢撮影
[PR]

 広島県神石高原(じんせきこうげん)町でヘリコプターが墜落して男性が死亡した事故で、広島県警は16日、亡くなったのは操縦士の土田勲さん(66)=静岡県磐田市=と発表した。ヘリは、同町に本部があるNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」がヘリ会社から借りて災害救援などに活用しており、県警は同日、同法人を家宅捜索した。

 一方、国の運輸安全委員会が派遣した航空事故調査官2人が16日、現場で調査を始めた。取材に応じた奥山克也調査官によると、機体は小川の上に落下し、操縦席がつぶれている状態。山間部の現場は狭いため、機体を移動させて調べるという。「木を切って、ヘリでつり上げることになると思うので、かなりの時間を要する。フライトレコーダーを積んでいないので、機体の損傷状態や目撃者の情報を加味しながら原因を調べる」と述べた。

 現場は山林が広がり、近くに…

この記事は有料記事です。残り211文字有料会員になると続きをお読みいただけます。