同居の息子、のどに腫瘍で声変わり? 電話でだまされ200万円被害

有料記事

板倉大地
[PR]

 85歳の女性に突然、息子の同僚を名乗る男などから電話がかかってきた。電話で話した息子は、のどに腫瘍(しゅよう)があり声が変わったという。そして聞き慣れない声で、こう言った。

 「会社に迷惑をかけるわけにはいかない。いくらくらいお金があるか」

 福岡市博多区で16日、女性が現金200万円をだまし取られる詐欺事件が起きた。福岡県警博多署が発表した。

声変わりした「息子」から告げられたのは……

 署によると、女性は50代の息子と同居している。息子が家を不在にしていた16日の昼前、病院職員を名乗る男から、「息子さんが病院に連れてこられた」「のどに腫瘍がある」との電話があった。

 その後、息子の同僚を名乗る男から電話があり、息子が入院することになったと告げられた。続けて言われた。「麻酔をしているから声が変わっていると思うが、息子さんと替わる」

 電話を替わった息子は、「会社に迷惑をかけるわけにはいかないので、半分くらいお金を出さないといけない」「いくらくらいお金があるか」と尋ねてきた。

 女性は金融機関で200万円…

この記事は有料記事です。残り199文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!