米軍、ICBM発射実験を公表 台湾情勢めぐり今月上旬に実験を延期

有料記事

ワシントン=清宮涼
[PR]

 米軍は16日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン3」の発射実験を行ったことを明らかにした。米国は、ペロシ米下院議長の台湾訪問に反発して中国が軍事的な威嚇を強めたことを受け、今月上旬に予定されていたICBM発射実験を延期していた。

 今回の発射実験は16日にカリフォルニア州で行われた。米軍は声明で発射実験について、「現在の世界の出来事に起因するものではない」と説明した。ICBMは核弾頭を搭載することができ、核戦力の中核をなす。米軍は「米国の核抑止が、確実で信頼性があり、脅威を抑止し、同盟国を安心させるのに効果的であることを示すための定期的な活動の一環」と説明した。

 今月2~3日にペロシ氏が下…

この記事は有料記事です。残り259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!