トランプ氏の元法律顧問ら2人、FBIが事前に聴取 証言得て捜索か

有料記事

ワシントン=高野遼
[PR]

 スパイ防止法違反などの疑いで、米連邦捜査局(FBI)がトランプ前大統領の自宅を捜索した問題で、FBIがトランプ氏の元法律顧問ら2人に事情聴取をしていた。米紙ニューヨーク・タイムズなどが16日に報じた。トランプ氏がホワイトハウスから持ち出した機密文書について事情を聴いたとみられる。

 同紙などによると、聴取を受けたのは、トランプ氏の法律顧問を務めたパット・シポローネ氏と副顧問だったパトリック・フィルビン氏。2人は今月8日の捜索より前に聴取を受けたとみられる。FBIは他の職員にも連絡をとっているという。

 FBIは今回、スパイ防止法などの嫌疑を示す証言を事前に得て捜索に踏み切ったとみられる。司法省は証言を示す宣誓供述書の開示について「将来の捜査に支障がある」などとして反対している。フロリダ州の連邦地裁は16日、開示の是非を検討するための審理を18日に開くことを決めた。

 トランプ氏は昨年1月、大統…

この記事は有料記事です。残り150文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!