貿易赤字、7月は1.4兆円 赤字は12カ月連続 資源高と円安で

有料記事

[PR]

 財務省が17日発表した7月の貿易統計(速報)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1兆4368億円の赤字だった。赤字は12カ月連続。赤字額は、比較できる1979年以降、7月としては最も大きかった。大幅な赤字になったのは、ウクライナ危機などによる資源価格の上昇に円安が拍車をかけ、輸入額がふくらんでいるためだ。

 輸入額は10兆1896億円で、前年同月より47・2%増えた。原油は輸入量の3・8%増に対し、金額は2倍となった。石炭と液化天然ガスは輸入量が微減したが、金額はそれぞれ3・7倍、2・2倍だった。

 一方、輸出額は8兆7528億円で前年同月からの伸びは19・0%だった。貿易赤字が続けば、円を売って支払いに必要なドルなどの外貨を買う動きが進むため、さらに円安が進む可能性がある。

 赤字が12カ月続くのは、2…

この記事は有料記事です。残り66文字有料会員になると続きをお読みいただけます。