「アイドルグッズに使った」740万円横領容疑、元町立病院職員逮捕

[PR]

 三重県南伊勢町の町立南伊勢病院で多額の公金が横領されていた問題があり、県警は17日、同病院の元職員で無職、広出翔容疑者(38)=同町押渕=を業務上横領容疑で逮捕し、発表した。「自分で使うために出金した。アイドルのグッズのために使った」と容疑を認めているという。

 県警によると、広出容疑者は今年3~5月、複数回にわたり同病院の口座から現金を払い戻して、計740万円を着服した疑いがある。広出容疑者は当時病院の事務部総務係で勤務しており、口座の使用権限を持っていた。

 6月中旬に同町から県警に相談があり、今月16日付で告訴状を受理していた。町は6月、広出容疑者を懲戒免職処分にしており、さらに今月1日、広出容疑者が総額1億6790万円の公金を横領していたとする内部調査結果を発表していた。