男たちの抗争・友情…トップ真風涼帆「いまの宙組だからこそ」

有料記事宝塚歌劇団

田部愛
[PR]

 清らかなタカラジェンヌが、熱血の男たちにどう変身するのか――。宝塚大劇場兵庫県宝塚市)で8月27日、宙組公演「HiGH&LOW ―THE PREQUEL―」が幕を開ける。トップスターの真風涼帆(まかぜ・すずほ)は「期待を上回るものを作っていきたい」と意気込みを語る。

ニュースレター[月刊タカラヅカPlus]

タカラヅカをもっと近くに。スターのインタビューやOGの活躍をメールでお届けします。こちらから登録できます。

 「HiGH&LOW」は2015年以降、連続ドラマ映画が公開されている人気シリーズ。LDH JAPANに所属するEXILEなどのメンバーや人気の若手俳優が出演し、疾走感のある音楽とともにチーム同士の抗争や仲間の友情を描いてきた。

 今回の宝塚版「THE PREQUEL」は、その作品群の「前日譚(たん)」。映像作品中のストーリーを回想する場面もあり、真風は「原作を分かってみていただくと良いと思います」と観劇前の「予習」を勧める。

「私たちが演じる意味、作りたい」

 ドラマシリーズや映画では、とある架空の街を支配した伝説のチーム「ムゲン」のストーリーや、ムゲンが解散した後に頭角を現した五つのチームの物語などを展開してきた。今回の宝塚版では、舞台オリジナルとなるヒロインとの悲恋や、五つのチームの誕生前夜を描く。

 かつてムゲンに所属し、いま…

この記事は有料記事です。残り749文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!