77年前、人の命も街も消えたあの日のこと アートに託された思い

有料記事核といのちを考える

岡田将平、福冨旅史、編集委員・副島英樹、戸田和敬
[PR]

 人々の命も街も消し去った「あの日」を形にしたい。77年間、さまざまなアーティストたちをそう突き動かし続けるテーマがある。1945年8月6日、米軍によって原爆が投下された「ヒロシマ」。悲しみ、怒り、そして未来への希望。色とりどりの思いが託され、見る人の心に訴えかける。

未来託す「分身〈アート〉」

 広島市原爆ドーム隣にある観光施設「おりづるタワー」。らせん状に張り巡らされた滑り台で、家族連れらが笑顔を見せる。そばにある9層のスロープの壁にこの春、壁画が登場した。被爆100年の未来へ願いを残す「ウォールアートプロジェクト2045 NINE HOPES」だ。

壁画の見学には入場料(大人1700円、中高生900円、小学生700円、4歳以上の幼児500円)が必要です。

 一番下の壁に描かれているのは、水平線に沈む金色の夕日。カラフルな光が放たれる。

 山形県鶴岡市の画家、三浦恒祺(つねき)さん(92)が、地元の日本海の夕景をモチーフに平和を願って描いた作品が原画だ。新型コロナの感染拡大や高齢のため、広島で制作できない三浦さんに代わり、美術仲間や大学生が壁に向かった。

 77年前の8月6日、広島の広陵中(現・広陵高)2年だった三浦さんは爆心地の北4キロほどで被爆。やけどを負った人たち、炎と煙に包まれた街。15歳の目で見た光景は脳裏から離れなかった。

77歳で本格的に絵を描くようになった90歳の被爆者、尾崎稔さん。私財を投じて美術館を建てた元広島大学長の原田康夫さん…。アートに託した人々の思いは記事の後半に続きます。

 子どもの頃から好きだった絵…

この記事は有料記事です。残り3022文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]