何度も叱責するパワハラ、酒席でのセクハラ… 前枚方署長を訓戒処分

[PR]

 複数の部下にハラスメントを繰り返したとして、大阪府警は17日、前枚方署長の榎原章人警視(60)を本部長訓戒処分とし、発表した。前署長は「責任を取りたい」とし、同日付で依願退職した。

 府警監察室によると、前署長は昨年3月末に枚方署に着任。直後から署長室で大声を出したり、机をたたいたりして警視ら計4人の男性幹部を繰り返し叱責(しっせき)するパワハラが認められた。怒号は受付まで聞こえるほどだったという。

 また今年6月23日、署の近くの居酒屋で50代女性署員と男性署員2人の計4人で飲酒し、女性に体を密着させたり、口元におにぎりを差し出して「あーん」と言って食べさせたりするセクハラ行為があったという。女性が同日中に上司に相談し、6月29日に警務部に通報があった。前署長は7月4日付で警務部付となり、監察室が枚方署長在任中の言動を調査していた。

 前署長はパワハラについて「不適切だった」と認めた一方、セクハラは「そんな覚えはない」と否定したという。監察室は同席した署員の話からセクハラの事実も認定したという。

 田畑修治・監察室長は「署長として極めて不適切な行為であり、厳正に処分した。今後、職員に対する指導教養の徹底を図り、再発防止に努めて参りたい」とコメントした。

  • commentatorHeader
    小室淑恵
    (株式会社ワーク・ライフバランス社長)
    2022年8月18日17時59分 投稿
    【視点】

    警察組織からの働き方改革コンサルのご依頼が非常に増えている。 警察や医療といった、自分自身の睡眠時間を犠牲にするような職業で多く起きているのが、怒りの発生源である脳の扁桃体の肥大化による、パワハラ・セクハラ、モラル崩壊だ。こうした事件が起