第1回逮捕された電通元専務、自ら話した力の源泉 五輪組織委の裏で何が

有料記事

[PR]

 「唯一無二の存在」「ゼロから一を作り出した人」「フィクサー」――。

 東京五輪パラリンピックのスポンサー選定などをめぐり、東京地検特捜部が17日、受託収賄容疑で逮捕した大会組織委員会元理事で電通元専務の高橋治之容疑者(78)。彼を知る人たちは、スポーツ界での存在感を口々にそう評する。

 高橋元理事は慶応大学卒業後、1967年に電通に入社。同社のスポーツビジネス拡大に寄与した中心的存在だ。

 77年、「サッカーの神様」と呼ばれたペレの日本での引退試合をプロデュース。スポンサーのCMで試合を宣伝してもらう手法を考案し、サッカーが集客に苦しむ時代に、国立競技場を大観衆で埋めた。

 五輪との関わりは、84年ロサンゼルス大会から。民間資金の活用で黒字を生み、商業五輪の先駆けとなった大会で、日本企業のスポンサー入りを仲介した。国際オリンピック委員会(IOC)の中でもその名が知られるようになる。

連載「五輪の闇」(全2回)はこちら

 電通元専務で、東京五輪・パラリンピックの大会運営を担った組織委員会の元理事らが汚職の疑いで逮捕された。ブラックボックスと称される巨額の五輪マネーの「闇」を、検察はどこまで解明できるのか。

 サッカーW杯世界陸上、米大リーグ。世界中の人々が熱狂する巨大イベントに関わり、世界のスポーツビジネスの要人との関係を深めていった。電通内でも局長、常務、専務と要職を歴任し、存在感を増していった。

 高橋元理事の力の源泉は何か。それを示す逸話がある。

 国際サッカー連盟(FIFA…

この記事は有料記事です。残り1455文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    後藤洋平
    (朝日新聞編集委員=文化、ファッション)
    2022年8月18日18時37分 投稿
    【視点】

     1964年の東京五輪の開会式で日本選手団が入場の際に着用した真っ赤なブレザーのデザインを手がけたのは望月靖之さんだった。そして、ウールの生地を提供したのは、大同毛織(現ダイドーリミテッド)だ。4年前に取材をした際、同社の関係者から「雨で色

  • commentatorHeader
    プチ鹿島
    (時事芸人)
    2022年8月18日12時19分 投稿
    【視点】

    朝日新聞でずーっと気になっていた記事がありました。それは8月6日(土)の『難局、人事急ぐ首相 週明け、臨時の役員会』という記事です。改造人事に関するものでしたが最後のほうに気になる一文があったのだ。 《「今改造するしかない何かがあった